mv-interview5

ゲスト:製袋課係長 D.K

大和グラビヤへ入ったきっかけは?

そんなにたいした理由じゃないんですが…比較的楽な仕事がしたいことを高校の先生に相談しまして。求人の一覧を見せてもらった中で、希望する内容に一致した会社を2社ほど探して、その中で距離が近いところということで。特別ここの何か良くてということではなかったんです。ただ求めていたのはこれじゃないなという感じでしたけど(笑)
流れてくるモノを取り上げて仕分けして終わりみたいな…単純な流れ作業をそのとき自分の中では想像していたんです。

思惑と違っていた?

全然違っていました。でも今は自分に比較的向いている仕事だと思っています。加工履歴を見ると、段替え※の時間や材料ロスなどは課内の他のメンバーと比べても数字的にはいいので。その点で考えると機械をみる仕事は向いているのかな?
※ある製品から別の製品を製造する際に発生する段取り作業のこと

機械が好きということですか?

どうでしょう…。そういうことも考えるんですけど、性格が一番の理由かな。予定を考える能力だったり。例えばどういう順番でやったらいいだろうとか、作業しながらも次何やろう、その次あれをやって、あれが終わるまでにこれやろう、とか考えながら仕事はしています。

製袋課の仕事はどんな内容ですか?

(全体を大まかに言うなら)文字のままですね。最終的に袋へ仕上げるところなので。シール※することがメインだと思います。特に気をつけることの中でも、シールが一番自分の中では大事です。シールが弱かったらもう、袋じゃないですから。
※袋を作る際、熱をかけてフィルムの合わせ部分を圧着すること

最終製品を仕上げる難しさ、苦労とは?

受注生産なので一点ごとに条件が変わってきます。いろいろな細かい注文に応じて品質を保っていくのは大変です。また前工程の不良を見つけるのも大事な役割です。これには人の眼で見る検査が必要です。出来上がったものがそのままお客様の手に渡るので、ここで不良を漏らしたら取り返しのつかないことになりますし、責任は大きいですね。

作っていく中での面白さ、醍醐味は?

自分が扱っているのは三方袋※1用の機械がメインですけど、一番難しいのがスタンドチャック※2です。いろいろと付加価値がついていたりして、難しいんです。その製品の段替えロスや段替え時間が前回より少ないだとか、予定表の中の段替え時間よりも短くできたりとか、そういうのができたときがすごくうれしいというか。前回てこずったから次回こうしようと考えて、実際に思惑通りというか、うまくいったときには「やったー!」という気持ちになりますね。
※1 二枚のフィルムの底と側面の三方を貼り合わせた袋
※2 開口部にチャックの付いたスタンドパック

取り手とのコミュニケーションは?

交代のとき一緒に取り手※の作業をしたりするんですけど、何か話すことがあれば向こうから話しかけてくれますし、休みどこかいくの?とか、自分から聞くこともありますし、仕事の内容以外でも…そんなむちゃくちゃしているわけじゃないですけど(笑)そういった話はしています。
※製袋機の終わりの位置で袋の仕上りをチェックし、束に揃えて箱に詰める作業担当者

製袋で何かレクリエーションのようなものは?

実は今日食事会なんですよ。そういう行事をメインでやる人が昔と比べるといなくなったんで、今は一年に一回とか(苦笑)自分でもやろうとしているんですけどね。花見の後にみんなとカラオケに行こうとか。今回の食事会に関しても自分から言い出したんですけど、前任者と比べるとちゃんとまとめられてないです(笑)。

他部署とのコミュニケーションはありますか?

変な話、同じ課内の人と話すより違う部署の人と話す方が楽しいんですよ。何かあれば話したいなあと、自分から行くほうだと思うんで。部署間の垣根は無い方かもしれませんね。工場が程よい規模なのかもしれません。

これまでで一番記憶に残っているエピソードは?

仕事に対する心構えが変わった出来事なんですけど、入社して半年くらいまで学生気分が抜けなくて、遅刻、休みがあったんですよ。あるとき○係長に「いい加減にしろ!」と怒鳴られまして(笑)。それまで人に強く怒られることが多分なかったんですよ。どうしていいのか分からなくて、とにかく「すみません、変わります」と自分から謝ったんですけど、そこから心を入れ替えまして。当たり前の事ですけど。そういう出来事があったからこそ○係長には感謝していますし、すごく尊敬しています。

やりがいを感じる瞬間は?

何人か仕事面で尊敬している人がいますが、その方たちに褒められたりするとうれしくはなりますね。

仕事に対する探究心はありますか?

ある方だとは思います。一つ例を出しますと、フィルムの特性上、加工が難しくて仕上りに納得いかない製品があったんです。ところがスーパーへ買い物に行ったときに見つけた他社品がすごくきれいに仕上がっていて、どのように加工しているのか気になりました。上司に相談したり、他社の見学で得られた情報をもとにやり方や設定を変えてみたら、以前より仕上りが良くなりました。

最後に、現場にはどんな人が向いていると思いますか?

集中力があって程よく手先が器用な人ですかね。現場は似たような作業の繰り返しになるので、注意が散漫になりがちです。根気があって集中して作業できる人がいいと思います。また機械にさわるのであまり不器用でも困ります。とはいっても、折り紙がきれいに折れるくらいのレベルで十分ですよ。