こんにちは。鈴木です。

自分でいうのもなんですが、書かないとブログにならないので書いています。

このブログの更新ペースが月イチになっていて、毎月月末ぎりぎりにブログを書いては、過去「ブログを定期更新されている方に秘訣を教えていただきたい!」とぼやいてきました。当初このブログの話を聞いたときは、自信があったのです。文章を書くのは嫌いじゃないので。それに、当然ではありますが経営者として常にものを考えています。たくさんの本を読み、自己鍛錬に勤しんでいます。 だからブログもさらさらっとかけるだろうとたかをくくって引き受けました。

ところが、書き始めたら、これが辛くて辛くて。

一体なぜだろう?と考えてみました。「ブログは本来匿名性で発信されるものなのに、身分を明かして書くから辛いのではないか?」

・・・確かに私は、この「大和グラビヤ株式会社」という舞台で「代表取締役社長」という「役」を日々演じているとも言えます。だからある場面では流暢に話せたり、文章が書けたりするのでしょう。逆にそうでない場面・・・例えばブログは普通「匿名」で好きな事を書くものです。「大和グラビヤ株式会社の社長、鈴木雅也」として書こうとすると様々なことを考えて書きます。「こう書いたらどう思われるかな」「どんな影響があるかな」そんなことを考えていたら1ヵ月はあっという間です。

が、ついに社員自ら書いてくれると挙手がありました。

私のあまりにも遅いブログペースに「これではブログじゃなくて月刊コラムです!」と、ゴーストライターに名乗りを上げてくれました。(大感謝!)もちろん私の言葉で作られているので、まったくのやらせ記事ではありません。あくまでテープ起こしの延長程度です。しめしめ。この日を私は待っていたのだ。そしてブログを社員自らが交代で書くようになればいいのに。

だからこのブログは、インタビューブログです。(そんな言葉があるかどうかは別として)