デジモノ!大好きぃ!な大口担当者です。
ついに発売されますね「I pad mini 5」と「I pad Air」 (YeaH!!!!)
それはもう魅力的なアイテムですよ。特に日本人には大好評のminiシリーズは!!
なんとさらに第一世代のペンシル対応ですって!あら、やだ奥さん聞きまして!!

 

とI pad欲しい!の話はここまでにしまして
 

タブレットみますと7インチ、9.7インチ、10.5インチ、11インチ…等色んなサイズが
販売されていますが
 

そんな中でも日本は特有で
8インチでは無く7インチが良く売れるようです。
小さくコンパクト高性能。1台で全てが賄える。確かに凄く興味そそられます。
 

ですが海外の場合、大きな画面ではっきり見たい。足りない性能は別のもので補えばいい。
確かにその通りです。
 

例えば私たちが作る、詰め替え用パウチ
日本じゃ当たり前ですが、海外では「わざわざ小さくするなら1回分の小さな袋にすれば
いい」「分けるのが手間だから大きいボトルを買った方が楽」「そんな細かな物を少しづつ作る事が大変」など色んな考え方の違いで
 

海外の人からすると「詰め替え」とは何ぞや!?になるわけです。
 

普段小さな世界観で住んでいると当たり前のように感じてしまい、変化が無いように
感じますが外を知ると、もの凄く刺激になりますし、新しい発見にも繋がります。
 

ちなみに私が海外で最も驚いた事は
コンビニのレジ袋が無茶苦茶「ぶ厚かった」事です
 

ipad